登山初心者の昼食
 こんにちは。
 登山をするとき、だいたい計画に入れなくてはならないお昼ご飯。せっかく空気の良いところに来たんだから、そこで作ってみたい気になりますよね。今回はその辺について考察します。
大きく分けて3通り
 昼食の取り方は、大きく分けて3通りあります。
 持っていくか、途中のお店で食べるか、途中で作って食べるかです。1つずつメリット・デメリットを見ていきましょう。
持っていく
 早朝に奥さんに作ってもらうなど、手作りのお弁当の場合は良いですが、コンビニのおにぎりやお弁当だとただの栄養補給です。しかしながら時間短縮という観点で見れば、一番早く食べられるでしょう。おにぎりなら場所も選びません。最悪歩きながらでも食べられます。
 メリット:時間短縮  デメリット:面白くない
途中のお店で食べる
 その土地のものを食べられるのですが、頼んでから作ってもらい食べる分、時間がかかります。混んでいたり臨時休業だったりすると、計画が狂います。下から持っていかなくて良いので、荷物的には楽です。そもそも上に食べ物屋さんが無い場合は使えない方法です。
 メリット:荷物無し  デメリット:時間がかかる・臨時休業の時はがっかり
途中で作って食べる

 ザ・登山。憧れますよね。湧水でご飯を炊いて、登山口で買った漬物を齧る。うまい。でも良いことばかりではありません。バーナーやコッヘルなどの調理道具を揃えなくてはいけませんし、荷物になる。そして、炊飯が失敗すると悲惨な結果が。天候にも左右されますね。
 メリット:抜群の充実感。
 デメリット:初期費用が掛かる。失敗すると悲惨。天候を選ぶ。重い。
考察
 きっと誰もが山頂付近でお昼ご飯作って食べたいことでしょう。しかしながら、初心者には敷居が高いです。余裕が出てくるまでは、買って持っていくか上のお店で食べるようにして、慣れてきたら道具を揃えていって挑戦してみてはいかがでしょうか?
 ちなみに私は、初回の登山はお湯を沸かしてコーヒーだけ(おにぎり)、3回目くらいからしばらくはご飯炊いてました。ある時から、道具が重いのと時間がかかりすぎるので、おにぎりか食べないで済ませるようになりました。
工夫
 コンビニでおにぎりだけだと嫌だって人は、ちょっと工夫してみましょう。
・温まる弁当
駅弁なんかでありますよね。でもちょっとお値段が。
・スープマグ
コーンスープなどを家から持って行く。それなりに温かいのが飲めるはず。
・水筒に熱湯入れて、カップラーメン
何とかなるんじゃないかな。スープ残すなら持ち帰ること。
それでも炊飯したい人は・・・
 バーナーは小型・軽量のものを。ジェットボイルというものもあります。高いけど。個人的にはアルコールストーブというものがお勧めです。ご飯くらいなら普通に炊けます。焼き物や炒め物には向きませんが。
 コッヘル(鍋)はステンレスではなくアルミかチタンにしましょう。重さの関係です。
 登山用の調理器具でもキャンプできますが、キャンプ用の調理道具で登山はできないと思った方が良いです。なぜなら重いしデカいから。ダッチオーブン持って登るなんて正気の沙汰ではありませんよね。
まとめ
 山でのお昼ご飯について、いかがだったでしょうか。食べることは楽しみの一つでもあるでしょうから、自分なりの工夫をしてみましょう。
 くれぐれも、ごみや残り物をその辺に捨てるなんてことはしないでくださいね!また、ドライバーなのに山でビールなんてダメですよ!