金峰山に行ってきました。
コースは,
大弛峠-朝日岳-金峰山-朝日岳-大弛峠
です。
本当は1週間前に一人で登る予定だったんですが,休みが1週間ずれたため,旅行も兼ねて行ってくることにしました。


大弛峠までの道


石和温泉近くのホテルに泊まっていたので,ホテルを7時に出発。
塩山駅付近から雁坂みちに入り,トンネルの奥を左折→右折とすすみ,琴川ダム方面へ。
道は,やや急な登りで者幅も狭いですが,途中から中央線が出てきました。
でも,問題は琴川ダムの先。
紅葉はきれいだったのですが,
道が細くなり,なんだか寂しい道を上って行くと,落石注意の看板が。
そして,崖沿いの道だし,所々凹んでるし…
制限時速20㎞なんで,ナビ君は恐ろしく長い時間とってたんですね。。。
ドキドキしながら運転していると,突然正面に色の違う山が。。。
雲に覆われていて,上の方は見えませんでしたが,紅葉してないじゃん。。。(終わってるのね)
そんなこんなで,何とか無事に9:00大弛峠につきました。
なんと,木が凍ってる。。。
平日ということもあってか,一番下のトイレ脇のスペースが空いていました。

大弛峠から山頂まで


さて,出発です。
9:17
木が,凍ってます。。。
一面の冬景色。ただ,地面は滑ることなく歩けました。
霜柱があります。
見上げると,幻想的。たまにぱらぱら降ってきます。背中に一回入りました。
少し登ると,視界が開け,富士山が!
大弛峠から1時間半ほどで,絶景ポイントへ。我々は遅いです。
10:40富士山を望遠で撮影。
ここは,下にはロープが張られている崖(?)の下なのですが,どうやらここから崖を登るらしい。
4人組の壮年グループがちょっと早いお昼を食べていました。
10:49ちょっと登り,朝日岳頂上へ。
このすぐ後,目指す金峰山頂&五丈石が初めて見えました。
そして,急降下です。。。
11:00我々の速度は遅く,ここで抜かされた老人に,
「こんなに降りるのか。勿体ないねぇ」と声をかけられました。
また,すれ違った方がいて,その方は6:30に大弛峠を出発したそうです。
ここから金峰山頂までは60分位とのこと。
急降下の後,少しずつ登り,やっと視界が開けました。
歩いているとあったかいのですが,木はまだ凍ってます。
歩きにくい岩場を通り,大きな岩をくぐったら,山頂です!!

山頂からの帰り


山頂付近からは,周囲の山々が360度見渡せます。
瑞牆山,次は行ってみたいです。
赤岳。これもいつかは登ってみたい。来年の夏かな。
山頂から少し降り,五丈石の前まで来ました。
五丈石の周囲には手ごろな岩がごろごろしているので,ここでご飯の用意を。
その間に,同行者が五丈石に挑戦しに行きました。
凍っているところがあるらしく,断念。
上まで登れた人もいました。
この後,何組かの人たちが挑戦していましたが,中断あたりであきらめる人が多かったです。
自分は,鳥居をくぐって右側の祠?だけお参りしました。
これって,金桜神社の本殿??
持参のアルコールストーブセットでの炊飯にも結構慣れてきました。
今日は少なめで,ご飯&缶詰1個(秋刀魚のかば焼き)&インスタント豚汁です。
ゆっくり噛んで食べれば,十分かな。
勢いよく吹きこぼれるし,焦げも心配だから,いつもご飯は硬めです。
風邪はあまりなかったのですが,寒いためか,いつもよりも多めにアルコールを使ってしまいました。
鳥が,うろうろしていました。
さて,ご飯を食べ,山頂の岩に登り,男性グループに写真を撮ってもらいました。
瑞牆山方面から登ってきたそうです。明日も休みだって。いいなぁ。
夫婦木神社の水,うまかったなぁ。
さて,明るいうちに下界に戻りたいので,そんなにゆっくりしていられません。
と言っても,若者3人グループにも途中で抜かされ,我々が最後尾っぽい。
まぁ,ゆっくり戻ります。
山頂出発14:10
木々の氷?雪?はすっかり溶けていました。
ところどころ,ぬかるんでいる個所がありました。午前中の方が歩きやすかったです。
帰り道の朝日岳前の登りがしんどかったです。
さようなら金峰山。ありがとでした。
大弛峠に帰ってきたのは16:12でした。
帰り道では,行きには見えなかった金峰山が見え,恐る恐る(笑)車を止め撮影しながら降りてきました。
キツネにも遭遇!風景モードのためピンボケしてしまいました。。。
フルーツ公園にて夜景を見て,ほったらかし温泉に入りました。
同行者がほうとうを食べたいと言っていたので,この間食べたフルーツ公園下のほうとう屋さんに行くと,閉まってました。
祝日の翌日ですからね。
山梨市駅手前の「ほうとう」ののぼりが目に付いた料理屋さんに入ったら,まさかの中華料理屋でした。
でも,同行者はほうとうを注文。自分は坦々麺にしました。
その後,勝沼から高速に乗って帰りました。
渋滞はなかったのですが,首都高速で間違えて新木場に降りてしまい,1時間のロス。。。
でも,休憩なしで帰ってきました。

感想


【参考】身長170㎝ 体重78㎏(減らせよ) 積荷12㎏(これも減らせよ)
①往路
<高原地図より転記>
大弛峠→30→朝日峠→30→朝日岳→90→五丈石
<実際の移動時間>
大弛峠→30?→朝日峠→39?→朝日岳→71→五丈石
<実際の記録時間>
9:18大弛峠→10:19朝日岳下(休憩20分)→10:49朝日岳→10:53朝日岳奥の崖上(撮影7分)
→11:25鉄山への分岐→11:50ハイマツ帯へ→12:05金峰山頂(撮影5分)→12:12五丈石
最初の登りはきついものの,疲れは感じませんでした。
朝日峠までは一旦下ります。
朝日峠を過ぎたあたりからの登りの連続は堪えました。
歩いているとかなり暑くて,朝日岳前の崖下で20分ほど休憩し,上半身も下半身も1枚ずつ脱ぎました。
歩く時間は高原地図とさほど変わりませんが,上記スペックの自分には休憩が必要でした。
朝日岳から五丈石までは,崖上ですれ違った方がおっしゃっていたように,90分もかかりませんでした。
ハイマツ帯を抜けた後の岩場が歩きにくく,一苦労でした。
②復路
<高原地図より転記>
五丈石→60→朝日岳→30→朝日峠→30→大弛峠
<実際の移動時間>
五丈石→56→朝日岳→32→朝日峠→30→大弛峠
<実際の記録時間>
14:06金峰山頂→60→15:02朝日岳→15:20朝日岳下(休憩10分)→15:44朝日峠→16:14大弛峠
復路は登りに時間をとられますが,ほぼコースタイム通りでした。
朝日岳手前の急登が一番しんどかったです。
行きには凍っていた地面が解けてぐちゃぐちゃになっているところがありました。
今までの登山はほとんど天気が悪かったのですが,
今回は紅葉も景色も見れて,大満足の山行となりました。