登山初心者のザック(リュック)選び

 こんにちは!
 登山に必要な最低限の道具、それは、ザック・シューズ・レインコートです。今回は特にザックに絞って書いていきます。
 登山業界(?)では、リュックサックのことをザックと言います。登山するのに、最低限、両手が使えるように両肩に背負えるザックは必要でしょう。大きなザックはウエストベルトがしっかりしていて雨蓋という覆いがついているものが多いですが、初心者の日帰り登山であれば紐程度のウエストベルトで雨蓋なしでも構いません。慣れてきて大きめ(30L以上)のザックを購入する際は、ウエストベルトのしっかりしたものをお勧めします。チェストハーネス(胸のところで左右のハーネスをくっつけるもの)もあった方が良いでしょう。
容量の決定・体に合うって・・・?
 登山を何回か経験すると、要らないもの・必要なものが出てきます。何を持っていくかにもよりますが、日帰りなら20L~30Lくらいが良いと思います。このくらいの大きさのザックはスポーツ○ーソリティーとか、○ビオとかにたくさんありますので、実際に背負ってみましょう。よく、自分の体にフィットしていないと・・・とか言いますが、食い込んで痛いとかがなければ大丈夫だと思いますよ。デザイン・機能性で決めましょう。大は小を兼ねると言いますが、60Lのザックを担いで日帰り登山は格好悪いです^^;
重さを気にするべし
 ザックを購入するときに特に気にしていただきたいのは、重さです。よく安売りしているザックは重いことが多く、荷物は少ないけどザックだけで重いということになります。私が超初心者の時に買った80Lのザックは2.5kgあります^^;一回も登山で使ったことはありません。バーベキューやキャンプの荷物運び用になっています。
 最近は、ウルトラライトという考え方が出てきて、山に持っていくものを減らしていくことが主流になりつつあります。ですから、ザックも軽いものが多くなってきたように感じます。とはいえある程度の背負いやすさや丈夫さが求められますので、軽ければ良いというものではありません。
形・荷室
 登山用のザックの形は様々です。上部が大きく下部が小さいタイプや背中に直接当たらないタイプなどありますが、自立するタイプがおすすめです。ザックが自立しなければ土の上に置いた時に汚れてしまいます。
 雨蓋の有無や一気室か二気室かなどについては、好みで選んで良いかと思います。個人的には、『雨蓋あり一気室』と『雨蓋なし二気室』は同等だと感じています。一気室・二気室を変えられるザックもありますので、よく調べてみましょう。それよりも、サイドポケットやウエストベルトのポケット・ハーネスに何かつけられるかなど、ザックを背負ったままでも使えるポケットや機能が何気に重要だったりします。
その他
 雨が降ったときにザックにかけるザックカバーは用意しましょう。ネットでは安いものが転がっていますが防水性に難ありのようです。そもそもザックカバーもセットになっているザックが安心です。最悪はビニール袋でも…格好悪いですね。。。
 それから、ウエストベルトやハーネスに付けられるポーチが使い勝手がいいです。飴やチョコレート等の行動食やお賽銭・地図などを入れておくと、いちいちザックを降ろさなくて済みます。更に私は飲料をハーネスに付け、カメラ(古いスマホ)をポーチに入れています。
まとめ
さて、ザックについて、いかがだったでしょうか?これから登山を始めるのであればそんなに大きいザックは必要ありません。ザックは一度買うとそれなりに長く使いますので、初めての登山では、すでに持っているリュックの中で軽めで丈夫なものを使っても良いのではないでしょうか?実際私もそうでした。何度か登るうちに、ザックに入れる道具が固まってきますし、「やっぱりウエストベルト欲しいな」とか「ハーネスに飲料付けたいな」とか意見が出てきますので、それからでもいいと思います。お気に入りのザックが見つかるといいですね^^