こんにちは。

今回は、久しぶりに登山ブログを。

先週の土曜日、昼から時間が空いたので、カタクリの様子を見に車で筑波山に向かいました。

しかし、下妻あたりからポツポツと雨が降り始め、山道に入ると豪雨に。

雷までなり始め、泣く泣く下山しました。

学園都市に寄り道し、腹いせにノートPCを買ったのはまた別の記事で。

今年のカタクリは見に行けなさそうなので、一昨年の様子をアップします。

県道41号線で筑波山の北側に回ると、つくば高原キャンプ場の看板が見えます。

小さな船の看板があるあたりです。そこを右に曲がり、山道を登っていきます。

どんどん道なりに上って行くと、<男の川の看板>を過ぎたあたりで小さな看板が出てきます。

ここで左に曲がり勾配のない砂利道をしばらく進み、<女の川の看板>も通り過ぎます。

道が再びアスファルトになり、上り坂になると、キャンプ場が見えてきます。

キャンプ場の駐車場に車を止めトイレを済ませ、バンガローやテントサイトを見ながら登っていきます。

大きなコンクリートの休憩所の右側に、女体山山頂に続く登山道があります。

道はくねくねと曲がりながら、笹薮の間を登っていきます。

で、こんな感じでカタクリが。

どうですか?すごいでしょ^^

実はもっとすごく咲いている場所があったのですが、それはまた別の機会に。

筑波山の御幸ヶ原には、カタクリの群生が見られる場所がありますが、正直ちょっと物足りないです。

この週末に行けばまだ間に合うかもしれません。