こんにちは。
前回は筑波山の登山コース基本偏をお伝えしました。今回は、発展偏ということで、その他のコースについて紹介していきます。
裏筑波
その昔、筑波山は西の富士、東の筑波と言われて賑わっていました。
その当時は、筑波山の登山口は北に面していたそうです。
真壁市の辺りから登山道が伸びていたそうです。
これから紹介するコースのうちいくつかは、そんな歴史のある登山道です。

旧ユースホステルコース

筑波山北側から林道を登り、一番奥のユースホステルがあったところから伸びているコースです。
荷揚げのブルドーザーも利用しているためか、幅広の整備された道です。
その分面白味は少ないかも知れませんが、木々は表のような植林地帯がないので自然を楽しむことができます。
全コース中最短で御幸ヶ原まで行けます。
駐車場はユースホステル跡地にあります。
そこまでの坂道が急ですので、積雪時は気を付けてください。

キャンプ場コース

コースの一部しか表示できていませんので、引き伸ばして御覧ください。

林道を運転し、ユースホステルに行く途中の看板を左に曲がり、砂利道をしばらく進むと筑波高原キャンプ場につきます。
駐車場に車を停めてキャンプ場の中を登っていき、最上部から登山道が続いています。
旧ユースホステルコースと比べると道は狭く、やや長いです。
しかしながら、裏筑波の自然を楽しめるコースです。
女体山頂直下の広場に出ます。
トイレは駐車場(冬季閉鎖の模様)とキャンプ場にあります。

薬王院コース

筑波山登山道の中で最長のコース。
筑波山西側のつくし湖畔の駐車場か薬王院に車を停めて、薬王院の奥のお墓の更に奥に登山道入り口があります。
お寺の裏ですのでちょっと不気味な感じしますが、つくばの人々にあいさつをしながら登りましょう。
なだらかな坂道をしばらく登ると林道に出ます(左に行くとユースホステルに続く林道とぶつかります)。
目の前にまた登山道があるので、ちょっと休憩してまた登りましょう。
すぐに、このコースの名物である(?)階段地獄が始まります。
最初はまっすぐ、そしてくねくね階段になります。
修行だと思って無心で登ることをお勧めします。
階段を登りきると、自然研究路の最下部の大石重ねに出ます。
トイレはつくし湖畔の駐車場にあります。
階段は柵で囲われてるんで、雉打ちできませんのでご注意を。
コースの起点にもなっている薬王院ですが、三重の搭などの建築物や門など、なかなか見ごたえがあります。
本堂は靴を脱いで上がることができ、大きな鉄製の眼鏡をくぐれば目の病気に効くとか。私はよくここで瞑想します。

男の川コース

おのかわと読みます。
旧ユースホステルに向かう途中に男の川の看板があるのですが、この真後ろに登山道入り口があります。
車も数台停められます。すぐ上に大滝不動尊がありますので、登山の無事をお願いしましょう。
男の川沿いに古い石畳が続いています。
ここは羽鳥道と呼ばれ、昔はメジャーな登山道立ったと思われます。
しばらく登り、尾根が見えてくると道が不明瞭になりますが、辺りを見回すと右に折れてゆっくり登る細い道が見つかるでしょう。
そこを登ると3mほどの長さの岩があるT字路に突き当たります。
右に行くと筑波山3つ目の山である坊主山頂、左に行くと薬王院コースの階段の先に合流します。
このコースは公式登山道ではありませんが、通行は禁止されていません。
私は勝手に準公式登山道としています。
キャンプ場コースより更に裏筑波の自然を楽しむことができるコースです。
トイレはありませんが、ほとんど人がいないので・・・ごほんごほん。

女の川コース

めのかわと読みます。
キャンプ場に向かう砂利道の途中に女の川の看板があるのですが、この真後ろに登山道入り口があります。
駐車場がないので、男の川コースかキャンプ場コースと絡めましょう。
同じく川沿いに登っていくのですが、男の川コースよりも道が不明瞭で油断すると迷います。
しばらく登って左側に川から離れると給水搭のような建物があります。
更に進めと赤いテープや印が道を教えてくれます。
迷ったら辺りを見回してみましょう。
やがて道は岩場になり、笹藪に変わり、左に折れてキャンプ場コースに合流します。
トイレはありませんが(以下略)

まとめ
裏筑波の登山道の紹介でした。まとめたものが下の地図です。
位置関係がわかりやすいように、自然研究路と山頂連絡路も載せました。

うまく表示されていないので引き伸ばしてくださいませ。
こちらは車でしか行けないこととエスケープルートがないこと、ややわかりづらいことがデメリットですが、その分静かな登山を楽しむことができます。
お勧めの時期はカタクリやニリンソウが咲き誇るゴールデンウィークでしょうか。
駐車場が多くはないので、朝早く行くと良いでしょう。